頑固な汚れの多いお風呂場の掃除方法

お風呂掃除
毎日お掃除していてもカビやぬめりなどがなかなか取れないお風呂ですが、お掃除のコツを得ることでお風呂掃除が楽になり、お風呂をきれいに保つことができるようになります。
お風呂掃除のおすすめグッズ、水垢の落とし方や換気扇の掃除方法など、お風呂掃除に役立つ情報について紹介していきます。

お風呂掃除にオススメなグッズ3選

毎日掃除していてもたまり続ける水垢やカビ、だからといって毎回念入りに掃除する時間もありません。そんなときは便利なお風呂掃除グッズを活用すると掃除を楽にしてくれます。

水滴を取るグッズ

お風呂のカビの原因となるのが湿気です。お風呂掃除も水を使いますが、その後全て水滴を除去するのは不可能でしょう。
そんな時に便利なのが水滴を簡単に取るグッズです。窓ガラスを掃除するような要領で、壁についた水を取ってくれるアイテムです。
風呂掃除だけでなくお風呂からあがった後にやっておくとカビが生えにくくなるでしょう。

カビ、湯垢を取るスポンジ

湯垢やカビは普通のスポンジでこすっただけで簡単に落ちないことがあります。だからといって毎回洗剤をたっぷり使って掃除をするのも大変ですし、コスパもよくありません。
そこでカビや湯垢を取る効果の高いスポンジを使ってみましょう。これならお風呂用の洗剤をつけなくてもカビや湯垢をしっかりと落とす効果が期待できます。

お風呂のフタを洗うスポンジ

お風呂用のフタは凹凸が多くて掃除しづらいです。しかしきれいに掃除しないとすぐにカビや湯垢がたまってしまいます。
お風呂のフタ用のスポンジは、凹凸にぴったりとはまる形状になっていますので、普通のブラシやスポンジでは届きづらい奥の方まできれいに掃除できます。

水垢はこうやって落とす!

毎日掃除してもたまっていく厄介な水垢は、そのまま放っておくとぬめりやカビの原因になります。水垢を落とすコツについて紹介していきます。

酸性洗剤で対応する!

お風呂の水垢はアルカリ性の特性がありますので、酸性の洗剤を使用すると落ちがよくなります。
現在使用しているお風呂用洗剤の特徴をよくチェックしてみましょう。もしも汚れ落ちがイマイチと感じているなら酸性タイプの洗剤に切り替えましょう。
もしくは家にある物で代用も可能です。どこの家にも置いてある調味料、「酢」を使えば汚れを落とすのにとても効果的です。
酢を浸みこませた雑巾やキッチンペーパーを使ってお風呂の水垢が気になる部分を拭き取りましょう。頑固な水垢にはしばらくパッティングしておくとより効果的です。

エコな掃除で活躍する重曹

重曹を使ったお掃除術がいくつも紹介されていますが、お風呂掃除でも大活躍してくれるアイテムです。
お風呂で使用しているイスやおけ、お風呂のふたなどを重曹を溶かしたお湯に一晩漬けておきましょう。
翌朝には気になる水垢がきれいになっています。お風呂の残り湯を使って付け置きをすると、お風呂洗いも楽になるので一石二鳥です。

意外な盲点、お風呂の換気扇掃除のやり方

お風呂からあがった後は換気扇を回している方、多いと思います。お風呂も毎日入る方がほとんどで換気扇も毎日回していると言うことは、それだけ換気扇の劣化も激しいのです。
お風呂の換気扇も定期的に掃除をしないと、換気機能が著しく低下してしまいますので注意しましょう。

換気扇のパネルを外す

換気扇を掃除するときは可能な限り分解して行うのが正しいです。ただし感電やケガをする危険性も高いですから、電源をあらかじめ切っておきましょう。
その後カバーやナット、パネルなどを外して分解していきます。掃除後に組み立てることを考えて説明書があれば用意しておきます。説明書がないときはスマホで写真などを撮っておくと、組み立てるときに役立ちます。

換気扇の掃除方法

分解した換気扇は中性洗剤を使って洗っていきます。頑固な汚れは洗剤をつけてしばらくおいてから洗うと、汚れ落ちがよくなります。
換気扇の細かい部分の掃除は爪楊枝か、使い古しの歯ブラシを使うと便利です。換気扇の構造が複雑など、自分で作業をするのが難しいと感じた時は、業者に依頼するのも手段のひとつです。
他にも「窓」のお掃除についてもご紹介しています↓↓