毎日の洋服をキレイに!洗濯の方法

洋服の洗濯
家族の人数や洗濯物の量にもよりますが、1日に1回は洗濯をしている方が多いでしょう。洗濯機で洗っていれば洋服がきれいになると思っていませんか?
最近の洗濯機は性能が高い物が増えていますが、適切な使い方で洗濯機を使用しないと、しっかりと汚れを落とすことはできないのです。正しい洗濯機の使用方法や洗濯機の掃除方法について理解しましょう。

洗濯機に入れる服と洗剤の適量は?

洗濯機にはそれぞれ容量が決まっていますが、実は適量というものがあります。一度に洗濯してしまいたいからといって、詰め込み過ぎてしまうのはよくありません。洗濯機に入れる適量と洗剤の適量について理解しましょう。

洗濯物の適量

洗濯機に必要以上に詰め込み過ぎて洗ってしまうと、汚れが落ちない、雑菌が繁殖しやすくなる、汚れが衣類に付着するといったデメリットが生じやすくなります。
他にも脱水が不十分になってしまったり、色移りのリスクが高くなったりとデメリットを挙げたらかなりの数になるほどです。
これではせっかく洗濯した意味がなく、それどころか余計に服を汚すことにもつながってしまうのです。
洗濯機の容量はキログラムで表示されていますが、毎回洗濯物を計るのは面倒でしょう。そこで目安は洗濯機の7割程度に抑えることです。もしも量が多くなるときは2回に分けて洗濯しましょう。

洗剤の適量

洗剤は多すぎても少なすぎても洗濯物がきれいにならないため、適量を守ることが重要になります。
多くの家庭で全自動洗濯機を使用していますが、スイッチを入れると洗濯機が洗濯物の量を計測して適切な水量が決まります。この水量に合わせた洗剤を入れるようにします。

ご存知ですか?正しい洗濯ネットの使い方

洗濯機で洗濯をするときに、物によっては洗濯ネットを使用して洗っていることと思います。洗濯ネットに入れる物はどのような基準で決めているでしょうか。
洗濯ネットも正しい使い方を知ることで、洗濯物をきれいに洗いながら衣類への傷みを防げるのです。

洗濯ネットに入れる物

洗濯ネットに入れる物の基準をある程度知っておくと、洗濯時に役立ちます。洗濯表示にネット使用とかかれているものは、洗濯ネットに入れて洗いましょう。

またスパンコールやラインストーンといった装飾品がついている衣類、ブラジャーなどのホックがついている、ストッキングやレギンスなどのからまりやすいもの、ダメージが心配な衣類を入れます。

上手な洗濯ネットの使い方

洗濯ネットの適切な使い方を知ることで、きれいに洗濯物が仕上がるようになります。まずネットに入れる衣類は1ネットごとに1着です。
ネットに沢山入れ過ぎると汚れ落ちが悪くなりますし、中の衣類同士で摩擦が起こり衣類のダメ―ジが大きくなります。
装飾品がついている衣類はネットに入れるときに裏返して入れるとより効果的です。洗濯ネットも大きさを複数枚用意して、衣類の大きさに合わせて適切なサイズを選んで使用します。
こうすることで型崩れやシワを防ぐことにつながるからです。正しく洗濯ネットを使うことで汚れ落ちもかなり変わってきます。

洗濯機の掃除方法

洗濯機は実はとても汚れやすいのです。洗剤の残りや湿気、洗濯物から出た汚れなどで雑菌が繁殖しやすくなっています。
汚れた状態の洗濯機を使っても汚れ落ちが悪くなるだけでなく、洗濯機の汚れが衣類に移って不衛生です。洗濯機は定期的に掃除しましょう。

専用のクリーナー、過炭酸ナトリウムで掃除する

洗濯機の洗濯槽もかなり汚れています。洗濯槽の掃除には専用のクリーナーか過炭酸ナトリウムを使用すると便利です。
それぞれの使用説明書に従って洗濯槽を掃除していきましょう。全自動洗濯機には槽洗浄コースが選べるようになっていますので、そのコースで洗濯槽の掃除をしていきます。

細かい部分も忘れずに

洗濯槽だけでなく汚れやすい部分も小まめに掃除しましょう。洗剤投入ケースの部分も汚れが貯まりやすい部分です。
使い古しの歯ブラシを使ってぬめりや水垢を落とすだけでもかなりきれいになります。また洗濯時に出たホコリをためて置く場所も、定期的に掃除します。ホコリが付着すると取りづらいですから、古い歯ブラシでこすり落としましょう。
また洗濯機は雑菌の繁殖を防ぐためにも、使っていない時も蓋は常に開けて換気をしておくようにします。
他にも「お風呂場」のお掃除についてもご紹介しています↓↓