これでOK!冷蔵庫の掃除方法

冷蔵庫の掃除
24時間365日フル稼働している冷蔵庫ですが、掃除は定期的に行っていますか?冷蔵庫は食品を入れて置く場所ですから清潔にしておかないと雑菌や食中毒を引き起こす菌などが発生しやすくなります。
しかも気を付けていても調味料や汁物がこぼれてしまったり、生の肉・魚や野菜を保存したりすることから、冷蔵庫の中はとても汚れやすい状態になっています。
清潔に冷蔵庫を保つためにも冷蔵庫は小まめに掃除をするように心がけたいものです。冷蔵庫を掃除するコツについて紹介していきます。

冷蔵庫の外側の掃除方法

毎日何度も開け閉めする冷蔵庫には手垢や食品の汚れなど、さまざまな汚れが付いています。
冷蔵庫の色や素材によっては汚れが目立ちにくいため、汚れていないと思って掃除しない方も多いでしょう。外側も掃除が必要ですよ。

冷蔵庫掃除で使用する洗剤

冷蔵庫の掃除を行う時は、食品を置く場所ですから使用する洗剤も適切に選ぶ必要があります。
こまめに外側も掃除していればさっと水拭きで落とせますが、時間が経過した汚れは簡単に落ちません。
冷蔵庫の掃除におすすめしたいのが重曹やセスキ炭酸ソーダの洗剤です。これらを水に溶かして洗剤を作りそれで外側を掃除します。

外側掃除のやり方

掃除用の洗剤を使って掃除を行います。スプレーを外側にかけて固くしぼった雑巾で拭いていきます。この時に雑巾を何度も使いまわしてしまうと雑菌が繁殖しやすくなりますので、:こまめに取り換えるのがコツです。
外側だけでなく扉を開いた時の扉の側面、冷蔵庫の天井部分なども汚れがかなりたまっていますので、併せてきれいにしておきましょう。

冷蔵庫の内部のお掃除方法

冷蔵庫の中を掃除するときは、可能であれば中身を出してから掃除を行ったほうが徹底的にきれいにできます。
中身を全部出してしまうと掃除と片付けに時間もかかり大変ですし、食品も傷みやすくなります。そこで日付や時間を分けて冷蔵庫の段ごとに掃除をすすめるのがおすすめです。

洗剤をふりかけてしばらく待つ

冷蔵庫の中を掃除するときの洗剤は食品に触れることも考えて、手作りの物を使用するのがおすすめです。
水に重曹かセスキ炭酸ソーダを溶かして、それを掃除したい部分に振り掛けてしばらく待ちます。これだけでもかなり汚れが浮き上がってきます。汚れが浮き上がってきたら布でふき取ります。

仕上げにアルコール除菌を

重曹やセスキ炭酸ソーダで掃除を行った後はアルコール消毒をしましょう。アルコールには除菌効果が期待できますので、食品の傷みや腐敗を防いでくれます。
アルコールを吹きかけた後は、布で余分なアルコールを拭き取ることを忘れないでください。

上級編:冷蔵庫を念入りに掃除したい時は

大まかな部分の掃除は短時間で済ませられますが、その他の細かい部分にも汚れがたまっています。時間のある時に冷蔵庫内の大掃除をしましょう。

卵ケース、氷入れ、扉ケース

意外と見落としがちなのが卵ケースや氷のケースです。特に氷は水垢がたまっていますので、時々外して洗っておかないと不衛生です。
これらのケースは取り外しできますので、取り外して台所用洗剤で洗いましょう。氷ケースや卵ケースは凹凸があって洗いづらいですが、細かい部分に汚れがたまりやすいのでしっかり洗います。
面倒な時は塩素系の漂白剤にしばらくつけておくだけで、汚れや水垢もきれいに落とせます。

菌の宝庫、野菜室の掃除

冷蔵庫の中で最も汚れている可能性が高いのが野菜室です。冷蔵庫はいくつかの引出に別れていてその引き出しごとに入れる物を決めておくことがほとんどです。
野菜室は野菜を美味しく保つために引出の中でも最も温度を高くしていること、水分を多く含む野菜を保存していることで菌が繁殖しやすいのです。
そのため野菜室は最も掃除で注意が必要な部分です。そして菌を増やさないためにも消毒用のエタノールを使って掃除をするのが適しているのです。
適切な掃除方法を知ることで、冷蔵庫を清潔に保てるようになるでしょう。
他にも「ソファなどの細かいところ」のお掃除についてもご紹介しています↓↓